女装子ミルの男性遍歴記




              ミルさん 作




~2~



女性との不倫用に使っていた伝言ダイヤルのメニューに「男性から男性へ

の伝言」というメニューがあったので、そこに伝言を残したのはそれから

間もなくもことでした。

伝言ダイヤルで何度かやり取りをした男性と新宿駅で待ち合わせして、新

宿御苑を散歩して二丁目をぶらぶらしてから二人でホテルへ行きました。

彼の求めているのが、ネコとしての私だということがその時になってわか

ったのですが、結果的に彼に応じてあげることはできませんでした。

二人でシャワーを浴びて、手でお互いのペニスを愛撫するまでは良かった

のですが、キスを求められた時に拒絶してしまい、アナルを求められても、

どうしてもできなかったのです。

それでも彼はわたしに対して怒った素振りは見せずに、1人で新宿2丁目

に消えて行きました。

 

その後、何度か男性との逢瀬を試してみましたが、どうしても一線を越え

ることはできませんでした。フェラされるのは良いけど、自分からはでき

なかったのです。

 

そんなわたしの決定的な変化は突然起こりました。

日本橋にある会員制サロンで男性同士や女装子さんとの出会いができる、

ということを知り、そのサロンを訪れた日のことです。

わたしはそこに行って、何をするのか、どうしたいのか、自分でもはっき

りわからないまま、強いて言えば、自分の欲望の行方を自分自身で確かめ

たかったということなのでしょうか、

ともかくサロンのドアを開けました。出迎えてくれたマスターは全裸でパ

イパンにした股間にリングをはめた黒々としたイチモツがいきり立ってい

ます。

室内に入ったら、挨拶もそこそこに、いきなり彼のペニスを頬張されてい

たのです。

しばらくフェラをした後、裸にされシャワーを浴びて、用意されていたの

はショーツとブラ、ガーターベルトとストッキング。

それらを身につけたら、鏡の前に連れていかれ、お化粧を施され、ウィッ

グを被らされ、フロアに四つん這いにされお尻をきれいにするための浣腸

をされました。

わたしより前に女装子さんと男性が来ていて、その二人の見ているまえで

わたしのアナル処女は犯されました。

犯されている時に別の男性と女装子さんのペニスをかわるがわる咥えさせ

れ、アナルへもかわるがわるペニスを突き立ててくれました。

後からも別の男性がやってきて、結局その日は4人のペニスをしゃぶって、

4本のペニスをアナルに受け入れたのです。

 

それからはそのサロンの常連になって、自分が”おんな”として男性に愛

されることに悦びを覚えるようになっていきました。

ただ、”おんな”になるのはそのサロンの中だけで女装して外出すること

もなく、特定の彼とか恋人を作ることを求めることもありませんでした。

女装子さんとのレズプレイ、男性3人とわたしとの輪姦プレイ、もう1

の女装子さんと男性
2人との4P、合計すると10人以上になっての乱交プレ

イ、
そのサロンで味わった快楽は色んなバリエーションに富んでました。

ただ、そこが人間の”さが”なのでしょうか。欲望は決して満足するとい

うことがなく、より刺激的な快楽を求めていくようになるのです。



                                           続 く 



トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system