女装子ミルの男性遍歴記




              ミルさん 作




~5~



もうこの頃には理性も何も残っていません。快感なのか苦通なのか、ぐっ

たりしたわたしはベッドまで抱きかかえて連れていかれ、お尻や太腿にス

パンキングが施されました。

すでに五感も麻痺したわたしは痛みも感じなくなり、アナルやペニスを微

妙に避けたスパンキングと撫で回すような愛撫がもどかしくて、お尻を振

ってるよ、と指摘されたように自分から求めているようになっていたので

す。

次に拘束椅子に手足を縛り付けられ、ペニスには電マ、アナルには極太の

電動ディルドを突き立てられ、半ば失神状態になっていきました。

激しい電マでとっくにいってしまったのに離してくれないので、気が狂い

そうになってしまいます。

しばらくしてベッドに移動してからは優しい愛撫になりました。全身をく

すぐるような微妙なタッチで撫で回され、ディープキス、フェラもしてく

れ、アナルもたっぷり舐めてくれました。

それから激しく肉棒を突き立てられ、今度は本当に記憶がなくなるような

感じ、どこまでも堕ちていく感覚の中で、ご主人様が小さく嗚咽を漏らし、

私の中でいったことがわかりました。

ご主人様のとわたしの体液でどろどろになった肉棒が口にねじ込まれ、き

れいになるまで舐め回し、そうしているうちに、再び硬くなったものを求

めてしまうわたしがいました。

それから疲れきって放心状態のわたしは手枷・足枷をされて廊下に出され

てしまいました。膝をついた姿勢でご主人様の肉棒を咥えさせられ、他の

お客さんの目に晒されました。

ご主人様の性奴隷と化して、どこまでも、どこまでも、果てしない深みに

堕ちていくわたし、そんなわたしが愛おしく思えて、このままこの愉悦の

中にずっと浸っていたい、、、、



                                           続 く 



トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system