中森明夫さんの体験談 №1                 .




ビリビリ



今夜は私の初体験までの前段をお話しします。

小さい時からじいちゃんが好きでした。

それでも優しい嫁さんと、可愛い子供達も好きでした。

ひょんなことから本屋で立ち読みしたのが「サムソン」でした。

誰も近くにお客が居ないのを確認しパラパラとめくったのがビリビリの始

まりでした。

そこには夢にまで見たじいちゃん達が裸で抱き合い舌を絡めてキスしてた。

えっ、本当にじいちゃん達が抱き合い、チンボ立ててる。

これってあり。次の瞬間脳天から足先まで電流が走りました。

チンボの膨らみを店員に悟られぬようにその日は退散しました。

 

何度目かで意を決してサムソンを購入しました。

ポケットには釣りがいらないように、千円札一枚と百円玉が二つ。

サムソンの表紙を下にして、うつむき加減で代金を支払い逃げる様に車の

中に。

最終ページの方には、ホモスナックの紹介と文通コーナーがありました。

 

文通コーナーには、全国の男が友達求めて登録しており、ハゲが好きとか

穴に入れてなど桃色言葉が並んで居ました。

隣の県の方で、65歳体格は理想に近く、優しくリードの文句に惹かれお手

紙出しました。

 

今夜はここまでにしときます。次回では、お会いして男色のビリビリをお

話しします。

 

以上









トップ アイコン目次へもどる      「体験談一覧」へもどる
inserted by FC2 system