ピパオイさんの体験 6                 .




一目惚れ (4)



携帯番号 ゲット しました 、「ただし、出ないときは、電源を切ってある

から、彼氏の家から帰ってから電源を、いれるよ。」
彼氏は、妬きもちや

きなのだと言う、
一週間したら帰るとのこと。

後に付き合いだしてから、爺の、名前で呼んでいた、彼氏は、(じっちや

ん)と呼ぶらしい、

 

爺さんの、容姿はどんなかなー、気になりますね、身長 150  体重48   お腹

出ず、獅子鼻
  に、スキンヘッド、  タオルで頭の汗をふく仕草が、素敵な

んです。(
雁が大きいです。)

 

小さな町ですが、映画館は(オオクラ)有ります。サウナに行かないとき

は、薄暗い場内で、ホモ探し、だいたいお仲間って、何となく分かります

よね!
   田舎ですから、ガラガラで、都会の(不忍池ちかく)とは、比べ

ようもな淋しいものです、

昼間はお年寄りが、目立ちます。 後の壁に立てば、ほぼ間違いないのです

が、最初は座席で、様子見です。
      今回は、後の座席で、これ見よがし

に、前の座席に両足をのせてズボンを膝上までさげて、魔らをしごいてい

た、小柄なおやじの、はなしです。
私は、おやじの後ろに立ってみている

と、こっちをみる「嫌がってない」ひとつ席をあけて座る、手を伸ばすと


まだしごいてる、となりに移った、「太くはないが、長い」後ろに人はい

るが気にしない「どうせ、お仲間だろうから」

私がしごいてあげても、此方に手を出さない、

キトウを親指の腹で撫で、顔をみる、楽しんでくれてる、(しやぶってく

れ)と言うから、黙ってべろべろしてあげた、おやじが(サック持ってる)

耳元に言った、「入れるの」聞くと、(入れたことある?)と、言うから、

ここじや嫌だから、外にでる?
  聞くと頷くから、私の車で、競輪場の下の

パーキングに、移動する。私がどっちかな?と、考えていると、おやじが

ズボンをパンツごと脱いでしまって、(車はワンボックスなので)お馬さ

んになり、オロナインを、自分で塗り込んで

カモンおにいさん、そんな感じ、そんな直ぐに立つか!「お尻を撫でなが

ら、自分をしごく、

何とかなりそう」オヤジが、(ゆっくりね)しおらしい「ヤンチャな感じ

だたよ」パーキングに

他に車がないので、気にせず、杭を打ち込む。

私は、わりと出が悪く、オヤジが、先にトコロテン、かまはず、ガンガン

…遅れて何とか、トロリと出た。見た目では分からない、オヤジが、ウケ

とはね。駅まで送って別れた、再会の約束は、無しです。

オオクラ閉館、最後の日には、出演女優が、挨拶したと聞きました。

私は、前日行きました、夜7時頃、館内は上野か?と、思えるほどの、超

はつかないが、満員でした。
   入口壁にいた、私より頭ひとつ高い、リー

マン風な白髪の好みの、顔だち、直ぐに横に、何気なく、膝に探り、大丈

夫腰に手を回す、リーマンも、手を回す強く引き寄せられる(嬉しい感じ)

顔をみると、口づけベロを入れてくるので、こちらもベロをだすと強く吸

い込まれる、いたいぐらい、でも気持ちよく向かい合って抱きつき、興奮

頂点、リーマンが、手を尻まで下げて、ズボンの上から、蕾に指をあてて

きた。「
好きと、いっちやいました」良いときなのに、館内が休憩、照明

がついた。ちょっと話が出来た私の家は、〇〇市だと言うと、仕事で行く

事があると言うていた。

携帯番号の交換、忘れて(抜けてますね)

ここの映画館は閉館になるのに、会える術がないです。











トップ アイコン目次へもどる      「体験談のコーナー」へもどる
inserted by FC2 system