ピパオイさんの体験 7                 .




一目惚れ (5)



あれから暫くして、爺さんの、携帯に連絡して、会えることに。   色々考

えて、家まで迎えにゆく事にした。
  息子夫婦と3人暮らし、米農家で、役

場で働きながらなので、大変だったと教えてくれた。
       近くの「かご岩

温泉」に、向かった。

お酒が好きだと言うので、一合瓶を頼んで、お新香をあてに飲んで、 温泉

に入る、
階段を下りて行く作りだ。

内風呂で、体を洗ってやり、露天風呂に下りて行く、目の前には、鬼怒川

が、その向こうに、ゴルフ場が広がっている。
誰もいないので、キスをし

た、
幸せ感じました。  

逆上せないうちに、あがる事にして、階段を先に爺さんを、行かせて、後

ろ姿を楽しみながら、

上がった、途中何度も爺さんの、お尻を割って蕾をベロで何度も味わった

美味!」

少し食堂で、横になり、男遍歴を、聞かせてもらった。   若い頃、大きな

工場に、勤めている頃に、先輩に、マスターベイシヨンから、強制されて、

その内、アナルに入れられ、それが、昼休みになると、ほとんど毎日だっ

たらしく、でも気持ち良いのは、入れられながら、魔らをしごかれ、イク

瞬間だけだった、  不思議なことに日毎にアナルに入れて欲しくなって、

悪い先輩と釜風呂に、行くようになつた。後にここで、妬きもちの彼氏と

出会ったそうだ。
  悪い先輩が内臓の病気で、入院中の事がある。

爺さんとは、よくドライブしました。

温泉が、多く飽きません、平日は、どこもお客は、まばらですから、  

さん何処でも、欲しがります、私も爺さんの、アナルを、舐めると直ぐボ

ッキ、
      短距離ランナー( 早い)  場所を考えれば、ベストな選択でし

よう。

トラックで、一緒に行ってみたいと、せがまれた時の事、   運転席の後ろ

に、寝床があります、そこに、乗せて行きました。

爺さん、 初めての経験で、はじめ少し緊張している様子、 寝床でズボン

を脱がして、魔らをいじってやったら、落ち着いて喜んでた、

アナルに指を入れて、遊んでたら、手を叩かれた。「 運転に集中しなさい」 

何回か乗せて行きました。     阪神営業所に、土曜日の朝に荷物をおろして、

荷物を積み込むのが、日曜日の夜、それまで、車を置いて、爺さんと電車

に乗って、大阪見物して、
新世界の、映画館に、「驚きのせかいです」座

席の横に立って、座ってる人が魔らを、尺八している様は、圧倒されるば

かりでした、爺さんの、お尻も狙われるから、退散しました、「今夜はモ

ーテルに泊まろう」(安宿有るはずはす、そっちにしよう)しっかりして

ますお爺さま。

 

楽しい事は「爺さんの、彼氏に、ばれて」泣きながら爺さんが電話口で、

別れを言わされていた。

何だか分からぬ幕切れでした。











トップ アイコン目次へもどる      「体験談のコーナー」へもどる
inserted by FC2 system