愛しのじっちゃんのこと


                         里暮らし さん 作



(1)はじめに



愛しのじっちゃん・・・・、ああ、なんという心安まる言葉でしょう。
相思相愛の相方だったじっちゃん・・・・、そのじっちゃんの話をします。

先日、じっちゃんと絶縁しました!
じっちゃんから一方的にサヨナラを宣告されてしまったんです。これまでは、
些細なことが原因で、私から何度か、もうお付き合いをやめさせて頂きます、
と言い出したことは何度かありますが、その都度、じっちゃんの心の底から
の嘆きを聞くや否や、すぐに復縁し、まさに雨降って地固まるのごとく、更
に強固な愛を育んで来ました。

でも、今度は、じっちゃんからサヨナラを突き付けられたのです。こんなこ
とは初めてです。理由が理由だけに、もう復縁することはないだろう、とそ
う思っています。

何故、こんなことになってしまったのか・・・。おいおい、お話して参りた
いと思いますが、まずは、これまでのお付き合いを総括する意味で、じっち
ゃんとの出会いや心と体の触れ合いを、つぶさに振り返ってみようと思いま
す。じっちゃんのプライバシー保護のため、多少の肉付けはご容赦願います。

ただ、今後、もし復縁するようなことがあったら、この体験談は即、終了で
す。
ネットを介しての出会い、長きにわたるメール交換、心ときめく初デート、毎
月のデート、年に一度のお泊り旅行、・・・・。
ああ、至福の時よ、サヨウナラ。                 (続く)







トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system