愛しのじっちゃんのこと


                         里暮らし さん 作



(3)庵主さんからのアドバイス



メル友になって3年後、初めてじっちゃんに会いました。場所は我が家。

キスは交わしたものの、それ以上のことはありませんでした。

田舎のこと故、隣近所の目が気になって仕方なかったのです。じっちゃん

も分かってくれて、またの再会を約し、この日はこれでお帰り頂きました。

じっちゃんも安心して帰って行ったものと思います。

 

その頃、私は「老いのときめき」の庵主さんとメル友になっていました。

時々、投稿させて頂きましたが、メールの多くは、私が取り組んでいたボ

ランティア活動のことでした。その都度、庵主さんは丁寧にアドバイスを

してくださったので、とても効果的に活動を継続することができました。

今も庵主さんの教えを大事に守っています。

 

じっちゃんに初めて会ってから、私は庵主さんに、そのことを報告しまし

た。庵主さんは、良かったね、大事にしてあげてください、と背中を押し

てくれました。

 

じっちゃんに会ってから、私は人生が変わったと思いました。相方が出来

た喜びでいっぱい、心はルンルン、幸せな気分でした。心に余裕ができた

所為か、妻への愛も更に膨らみ、家事の手伝いも増え、長年取り組んでき

たボランティア活動にも一層、身が入るようになりました。私のじっちゃ

ん、私の大切な宝、じっちゃん、じっちゃん、ああ、じっちゃーん。

 

じっちゃんが、また私に会いに来てくれたのは、初めて会ってから1ヶ月

後のことでした。

                              (続く)







トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system