昭和の思い出さんの体験 3                  .




幼い頃の祖父との思い出  .


(3)不思議な興奮  .



大きく股裂きのように股を開かされ、亀頭や睾丸の露わな膨らみが全く無

防備に外人レスラーの前に晒されると、その外人はなんと、日本人レスラ

ーの股間の膨らみ目掛けてニードロップ(膝落とし)を見舞いました。当

然日本人レスラーは何か声を上げたあと、「く」の字になって動けなくな

り、そのままフォールされてしまいました。

あんなに強くて頼もしい大人の男が、キンタマを打たれるだけで、もう全

く手も足も出せず負けてしまう・・・・そんな驚きとともに、不思議なこ

とに、のたうち回って深刻に悶絶する憧れの日本人レスラーの姿や、その

日本人レスラーが四つん這いの状態で後ろから映された
TV画面からもは

っきりわかる睾丸の膨らみに、(それは大人になってから、わかったこと

ですが)大人の男の色気というかエロスを感じたのでした。今のプロレス

では、とてもこんな興奮は感じられません。

2本目、最初のうち日本人レスラーはまともに動けず、もう一度外人が、

今度は倒れた日本人レスラーの股間を拳で打ちつけたところで、祖父は


TV
のスイッチを切ってしまいました。いつもは外人への急所攻撃を喜ん

でいた祖父も、私の教育上良くないと思ったのかもしれません。

しかし、当時の幼い私にとって、この(今から思うと男色に通じる性的な)

興奮をどう処理して良いか知る由もありません。「抜き方」を知らない、

というか、まだ精通するはるかに前でしたので抜きようにも抜けないから

です。

そのあと祖父は風呂に入ってしまい、一人TVの前に残された私はなかな

かあのシーンが頭から離れず、理由のわからない不思議な気持ちに悶々と

していました。


                                         (つづく)







トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system