タカさんの体験談 №5             .




久々のデート



2ヶ月と2週と2日ぶりに、彼とのデート・・・その間、浮気はせず、

ひたすら彼からのメールを待っていました。

彼はGWは娘さん家族が関東からきて、孫の子守り、GW明け奥様と四

国旅行、妻孝行が出来たと言っていました。

お互い家族が有るので、そのあたりは干渉しないよう努力しています。

 

2日前彼からメール有りました。

「**日デートしよう、急だけとその日開いている?」もう即座に「O

K」前々回あたりから「マンネリ化」なんて言っていた彼、

今回のデート場所、「我が家」にしました、彼は「嬉しい、是非お伺い

します」と・・もう3.4年前にも我が家に来ていただいた、これで2

回目の訪問。

内心「妻が早めに帰宅」したら「現行犯」となってしまいます、それを

予測して2時間前には帰っていただけるよう話しました。

 

当日、彼を駅まで迎えに行き、我が家に・・・3部屋僕の領分、その中

で、応接間で、僕のベット・ルームで・音楽プレイ・ルームで、窓のカ

ーテン締め、2人全裸で戯れました。

2月と2週と2日を埋めるかのように、彼に迫りました、時に激しく、

時に優しく、全身をまんべんなく愛撫し、彼は満足していました、風呂

に入り浴槽に浸かり近況を語りつつ、僕の手は彼のチンポを愛撫。浴槽

の中たまらず彼の後ろに回り、キスをしながらチンポ・乳首を愛撫・・

・風呂の中「あえぎ声」が響きました、我が家はマンション、風呂場の

先は「駐輪場」他の人に聞こえてはまずいと思いつつ愛撫しながらも彼

の口を押さえていました。

風呂からにあがり、ベッドへ・・ホテルではガウンは有りますが、我が

家ですからバスタオルを腰に巻いてベッド・イン・・・私の満足行くほ

ど彼の身体、征服します、頭の髪の毛から足の指までも・・・彼への征

服は、挿入、挿入しながら・・・「アエギ声」「眉間にしわを寄せ」気

持ちよさそう、時より彼、腰を左右に振る、肛門をしめる、そんなで果

てそうになるが止める、まだ時間が有るから、私が激しくチンポをしゃ

ぶっているとき、彼は時より自分が果てそうになるとき「待った」とい

うように、自分の手で僕の顔を遮る様にする・・・毎回の様に・・・そ

んなことが何回も続く、

時間を見計らい、払いのける手を払いのけるように「果てて、僕の口の

中で果てて」と言葉にはたださずとも、お互い解っているので、彼はそ

の気になる、身体が激しく動く、僕の中でチンポが脈打つようになった

とき「アエギ声」か・・「ため息か」僕の口の中、ほのかな栗の香りが

・・・同時にセンズリしている、僕も果てました。

 

今回は我が家と言うことも有り、自分自身、心配が多い中、同時に2人

とも果てたこと、幸せでした。

今度はいつになるだろう・・・・。








トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system