輝さんの体験談 №4                      .




初体験いろいろ



陰毛生えたのは中2くらいセンズリ知ったのは同級生達の話題に耳年増で

中1チンポ擦っていたら

 

気持ち良くなり白い液が飛び出した。おかづは担任の太目男性教諭(当時

40代~)や太目の同級生、何故か

 

チンポ舐めたい願望がありました。告白することなく高校進学、高校3年の時、同級生のチンポを

 

握りあった程度の経験。

 

18歳で就職、同じ職場の先輩に170cm90kg学生時代、相撲部で

ガチムチ体系でいいなぁと思ってました。

 

きっかけは忘れましたが当時、自分21歳、先輩24歳の秋。寮の一室、

自分の部屋で先輩のチンポを舐めることに

 

心臓はバクバク、口から飛び出すほどの興奮度、手の平は汗で、びっしょ

り手は震え間近に見る他人のチンポ顔を近かずけると

 

ほんのり甘い香りが後でブラバスのオーデコロンと知る。

 

先輩のチンポを咥えたが、どうすれば、いいの?初体験ゆえ解らない、と

りあえず舐める。ペロペロと舐めるが、

 

うんともすんとも反応なし1時間、同じペースで舐めたが変わらず先輩は、

もう止めよと云ったが、それでもペロペロしたら

 

枕して上向きに寝ろと命令、一瞬先輩が舐めてくれる?と頭を過ったが先

輩が上に成り僕の口にチンポを突っ込み抜き差し口を犯す事で

 

除々に勃起、イクぞイクぞと、雄たけびを上げ腰の動きが早くなり

 

イク…イク…イ・ク~~と根元まで突っ込み尿道の動きが感じとれ鈴口が

パクっと開き喉に精汁が

 

勢い良く当たり逃げることができず精汁が食道に流れゴクっと喉を鳴らし

飲み込む鼻にツん~と栗の花の匂いが抜ける一滴残らず絞りとり

 

口からチンポを引きぬく先輩は女でも飲んでくれへんのに飲んでくれたん

か、ありがとうなと云って頭を撫でブリーフを穿いて布団に横になったと

 

思ったら、いびきを掻いた。え?もう寝た?揺すっても起きなかった。先

輩の萎えたチンポをしゃぶり自ら扱く、あっという間に射精1発で収まら

 

続けざまに、もう1回出して眠りに就く。

 

朝方、先輩のブリーフが突き上がっているブリーフを半分下ろし、しゃぶ

る先輩は眠気眼で、もうっと云って頭をこずくが、されるがままで

 

直ぐに射精。週1ペースで先輩が結婚するまでの8年間、僕の部屋や先輩

の家で先輩のチンポを舐め飲晴した。

 

先輩は、僕にセンズリを強要することやズボンの上から触ることは有った

が僕のチンポを生触り、舐めは1度も無かった。

 

当時、肛門性向は考えもしなかった。

 

30歳で大阪→茨城(関東)転勤により通販でホモ雑誌を購入することで

男世界を知る。初めて目にする男同士のキス、舐め合い、肛門性向。

 

興奮。興奮。興奮と男好きが、こんなにも居るのかという驚き。仕事して

いてもグラビアが頭に浮かび勃起。トイレに駆け込み

 

思い出しセンズリ。帰ってもセンズリ、センズリ、センズリ。

 

何故か雑誌に載っているサウナやバーに一人で行けず巻末にある文通欄を

利用して相手を求めてました。

 

私30代、相手は50代。当時からフケ専だったんだろうか同年は一人だ

け自分が40代、50代になった時には年下も居た。

 

当時は携帯なんて無い手紙のやり取り電話で時間と場所を決め出かける初

顔合わせ逢う前からドキドキ。

 

どんな人?待ち合わせに来る?時間前に来ていた三国廉太郎似の太目。

 

バーに行こうかと誘われ入る手前で2万渡せと要求された何この親父?初

めてのバー勉強代と思って払った。

 

相手の話を聞くと親父の会社を継いだが倒産して今は無職で金が無いとい

うことで有った。

 

男遊びしていていいの?家に誘われチンポ咥えさせられ飲精、相手の手で

扱かれ射精。

 

手の厚みがあり、大きな手が印象的で気持ち良かった。2度目は無かった。

 

二人目は逢うのは休みの日にしてくれと云ったが、折り合わず仕方なしに

夜勤勤務の合間に逢うことに指定場所と時間に

 

行ったが相手は来ていなかった。帰ろうかと20分待った。まだ来ず30

分したら帰るつもりで、ようやく現れた男。

 

タイプ外だけど、まあいいかと半分、眠たい目をこすりながら男の車に乗

り男の家に初めてのキスしながら抱き合う

 

肌のぬくもりが心地良い初めての肛門性向、相手のチンポが入って来るの

が分かる痛くは無い肛門の奥が熱い抜き差し

 

される度に不快感がアレが出そう早く終わってくれと願うばかり直腸奥に

何かが当たり熱く感じた。

 

相手の言い訳、抜くつもりが久しぶりで中出ししてゴメンと謝った。

 

とにかく眠い早く帰って眠りたい駅まで送ってもらい一睡もできず夜勤へ

と出かけた。2度目は無かった。

 

3人目、先細りで根元にいくほど太いチンポ。騎乗位で自ら入れろと要求。

根元まで、ずっぽり気持いい正上位で犯され

 

扱かれ射精し中出しされ満足。私30代、相手50代太目、田舎くさい親

父。初めて惚れた。2度逢ったが別れ際。今度

 

入院するので、もう逢えないと告げられ半泣きで帰った。

 

4人目北海道の函館。50代太目モロタイプ青函トンネルが開通した年

(1988年3月1日)GWの休みを利用して初めての北海道ワクワクで

 

逢いに行った。函館駅で迎えてくれた相手は素敵な方であった。1時間ほ

ど市内案内をしてくれ、それじゃと…

 

えっ!自分の甘さを思い知らされた瞬間。相手のタイプは同年代太目、当

時自分は30代中肉。相手のタイプとは離れていた相手は

 

友達なら良いかと思ったらしい自分は相手を頼り宿泊先さえ確保してなか

ったが何とか確保して別れた。

 

バカな自分。3回、函館くんだりまで逢いに行った。3回目、函館の谷地

頭温泉で待ち合わせ相手の裸体を見て幻滅。相手の家に誘われ

 

餅を、ご馳走してくれた帰り際、家に電話してくれるなよと言われ貴方か

ら電話を聞いた覚えもないし信用されていなかったんだと思った。

 

電話帳に相手の名前と同姓同名の2件が記されていた2件に電話しようか

と思ったが、貴方とはお終いと思ったから止めた。

 

5人目。相手50代、写真では本理想。初対面、写真よりデブっていたが、

まぁいいかとホテルに誘われ帰り際ホテル代払ってくれと

 

相手は逢う度にサイフは空っぽって見せつけ何かにつけ一切払うことは無

かった。

 

当時、自分に自信がなく結果的に留める為、貢いでいた。

 

5年間付き合ったが些細なことで歯車が狂いだし別れを自分から告げた。

 

自分から別れたのに1年半引きずりセックスレスになり20年間、恋愛が

恐くなった。

 

6人目、セックスなし温泉通の友と知り合う。

 

相手の負担を考え40歳で自動車免許取得。大嫌いだった冬。雪見露天が

したくて雪を求めるようにバーに週1で行っていたが行かなくなった。

 

東北の鄙びた温泉場が好きになった温泉通の友との出会いは大きい。

 

5年一緒したが些細なことで別れる。

 

7人目同年代。自分45歳、相手45歳。自分のアパートに住みつく

 

20代の頃に死んだ実弟と置き換えた。自分28年間勤めた会社を人間関

係の理由で退職。

 

住みたい男は働きもせず自分の金をあてにして、グータラ人生。自分もグ

ータラに成り下がり退職金。貯金が底付きかけ、にっちもさっちもいかな

くなり

 

挙句、軽度の鬱?突然喚き泣くことも、しばしば有り、なんとか、踏ん張

り姉を頼り愛知県に移り再出発を決める。

 

移り住む半年前に、グータラ相手と縁を切り一人で行けなかった発展場に

チャレンジ。玄関先で30分、扉を開けられない、もどかしさ

 

エイままよと勇気を振り絞り発展場の扉をあける。出て来た時には何かの

タガが外れ今に至る (おしまい)










トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system