輝さんの体験談 №6                      .




もうちょっとだったのに



昨日、某所、発展場にて朝方、下半身が気持ち良くて目を覚ましました。

メガネ掛けて無かったので(裸眼だと0.01以下)ボンヤリしか見えず

誰かが私のチンポを舐めて扱いているじゃ、おまへんか

感じる、気持ちイイ久しぶりのテクニシャン

あ・あ・・いい あ・あ・・いい自然と喘ぎ声が出てしまう

一方通行で悪いと思い相手のチンポを探るが手が届かず

相手も触って欲しいという仕草もせず一方的に攻めて呉れるから

甘えて相手の腕や足を摩るだけで愛撫に応える

あ・あ・・いい あ・あ・・いい あ・あ・・いい・・・

あ・あ・・あ・あ・・あ・ああ・・あ~~あ・あ・・あ・あ・・あ・ああ

・・あ~~

自分の中で、もう少しで射きそう

もう少し扱いてくれたら・・・

あ・あ・・あ・あ・・あ・ああ・・あ~~あ・あ・・あ・あ・・あ・ああ

・・あ~~

もう少し扱いてと頭の中で思ったが口に出せず

あ~~あ~~萎んでいく

もうダメだぁ気が、どこかに飛んでいってしまった。

相手も分かったらしく離れていってしまった。

もうちょっとで5年ぶりに自分の5本指以外で射精できたのに

 

 

もうちょっとだったのに・・・

もうちょっとだったのに・・・

 

 

おしまい

 

 










トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system