柿親父さんの体験談 13                 .




カズさんとの温泉ドライブ


その1






カズさんと温泉ドライブの約束をして、その日の朝は午前2時から目が

覚めてしまいました。お互いに妻帯者なので、私は会社、カズさんはバ

ードウォチィングとかこつけてのデートです。待ち合わせはいつもの風

呂のある駐車場、そこから乗り合わせしました。

 

カズさんは約束の時間より、だいぶ早く来てくれました。カズさんは優

しく、気を効かせてくれます。そして、私よりもずっーと理性が効きま

す。私は会えば、すぐにちん○を触りたがるし、露出するし、頭の中に

は、その事しかないかもしれません。

カズさんは私よりも五つ年上の紳士です。話好きの楽しい人です。

 

目的の温泉は奥美濃にあります。カズさんが「平日の今日は休みかも」。

とネットで調べていてくれました。ここは山菜採りの帰りに毎年寄って

いますが、人が少なくて露天風呂からの山々の眺めも良く、本当にゆっ

くり出来ます。私の心は、この温泉でまったりしたい気持ちで一杯でし

た。(スケベ心一杯です)

高速道路をゆっくりと走り、楽しい会話を楽しんでいました。高速道路

を降りると奥美濃の大自然が気持ちいいです。田んぼには稲苗が水辺に

映えて、山々の緑は若々しく、里山そのもので、心が癒されます。

途中の公園で一休み、東屋のところで誰もいないのをいい事に、カズさ

んの目を見つめて、カズさんも見つめてくれます。そして、キッス。私

は抱き合いたいですが、カズさんは人目が気になるので、ここまでで終

わりました。

車を山奥に更に走らせて、ようやく目的の温泉に着きましたが、キャン

プ場の営業はしているようですが、日帰り温泉の営業はしていませんで

した。がっかりです。(温泉でHをしようなんて心構えなので、神様が

バチを与えたのかもしれません)

いたしがたないので、車を更に山奥へ走らせました。もちろん、車の中

でHする為に、人目に付かない場所を求めました。

すれ違いの出来ない細道を走っていると小鹿を一匹発見。まだおぼつか

ない足取り、すぐに母親鹿が来て去っていきました。峠を超えるとちょ

っとした空き地に車を止めました。

ここなら、車も来ないので、カズさんも安心らしく、抱き合いました。

カズさんの方が大きいので、私は抱かれている気分です。

そして、カズさんのファスナーを下ろして、ちん○を私の口に入れまし

た。青空の下での味は格別でした。   (またね)








トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system