柿親父さんの体験談 16                 .




ノンケの先輩(その2)



3年前、会社のノンケの先輩とシジミ取りをしに、出かけた時のトラン

クスの上からチンボを揉んでも反応が無く、「お前は変わっているな」

と言われてしまいました。

この3年の間に、温泉2回、スーパー銭湯2回程行きましたが、せいぜ

い、先輩のチンボを軽くタッチするのがいいところでした。

会社でタッチする仕草で、ズボンの上から触りに行くと、反対に股間を

叩かれる始末ですが、それなりに、楽しい関係です。

 

今日は久々の温泉に出かけました。ドライブ中は会社のこと、家族のこ

といろいろと話をして1時間ちょっと、岐阜県の池田温泉に着きました。

温泉に浸かると、ぬるっとして、肌がツルツルして気持ちがいいお湯で

す。温泉の湯の中で、先輩のチンボに触ろうとすると、手を払いのけら

れます。

 

温泉から上がって、食事処でビールと焼酎で乾杯、この35度越えの猛

暑日のビールは美味しいです。私も2杯飲んで、少しだけいい気持ち、

先輩は車の道中もワンカップを2杯飲んで、少しは酔っ払ってきていま

す。

会話を下ネタにして、「先輩はセンズリをしませんか」、「しないよ」。

「奥さんとはしていないでしょ」、「そうだよ」。 「勃つことはある

の?」「朝立ちはするよ」。

「射精、しないの?」「していないよ」。そんな会話をしながら、喫煙

所に行きました。

 

この喫煙所は透けて見えないビニールシートがしきりになっていて、煙

ももれないようになっています。タバコの火をつけて、先輩のチンボを

揉んでも怒りません、私のチンボは直ぐにビンビンです。薄手の短パン

を履いてきていましたので、勃起状態を見せつけると何と先輩が、思い

切りチンボをもんできました。

先輩のチンボにも反応し始めて、大きくなるではありませんか。驚きで

す。

ジッパーを下ろしてチンボを出そうとしても抵抗はありません。そして

大きくなったチンボが現れました。「大きい」と一言言ってしゃぶりま

した。ついにやりました、ノンケの先輩を落としました。

「男と男の関係だね」と言って顔を見ましたが、ジッと見つめるだけで

した。

更にしゃぶり始めて30秒かな、終わりにしました。

まあ、少しだけ気まずいので、お昼寝タイムしました。

つづく











トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system