田んぼの玄さん


                                         抱念 さん 


(5)


「ジュルッジュル‥ジュルジュルッ‥」

玄さんは義孝がかわいかった。そう、可愛くて仕方なかった。

 

「ジュルッ‥ジュル‥ジュルッ‥」

極太のちんぼのおかげで、強制的に大口を開けさせられている格好だった

が、義孝が気持ち良ければそれでいいんだと、ただそれだけを思って、玄

さんはその義孝のちんぼをしゃぶった。

 

「ジュルジュルッ‥ジュルッ‥ジュル‥」

口の端からよだれが垂れて、泡の混じった唾液に濡れた義孝の陰毛。それ

が、淫靡に艶めく。

 

「ジュルジュルジュルジュルッジュルジュルジュルジュルッ‥」

啄木鳥のように矢継ぎ早の尺八。狂ったように頭を前後させ、ちんぼの付

け根の見え隠れがぼやけて分からぬほどだ。脳みそがシャカシャカシェイ

クされてくらくらしても、ひたすらに尺八を続けた。

 

(あぁ、この時間がずうっと続きゃいいだがなあ‥)

玄さんは腹の底からそう思い、そう願った。

 

「ぁあぁ‥ゲんさンっ‥ああぁすごいっ‥いぃ、イイィよぉ‥」

義孝の顔がパアッと華やいだ。あかるい表情、うれしそうな顔をして輝い

た。

 

義孝の劔はもうこれ以上にはならないだろうというほど堅々している。折

ろうとすれば、ボキっと割れて、血しぶきをあげそうなくらいだ。

それを口の中で実感して、玄さんは嬉しくてしようがなかった。

 

「あぁッ、イイっ、いいよぉ‥玄さぁん、ゲンさンいいっイイィィ‥」

玄さんの尺八に合わせるように、義孝の腰振るスピードがせわしくなった。

 

スコスコじゅるじゅっバチッ

スコスコじゅっじゅるバチッ

スコじゅるっバチン

 

義孝はいつの間にか腰を落とし、蹲踞の姿勢をとって、しっかりと足を地

に着けている。そうして、玄さんの肩に頭へと手を置いて、目を閉じ、玄

さんの口へ、ただひたすらちんぼを打ちつけている。

 

「あぁ‥ああイイっ、いいよぉイイッ‥ゲンさぁン‥」

スピードが上がる。打ちつける爆裂音が響きわたり、コーダに入った。

 

スコスコじゅるじゅる

スコじゅるバチッ

スコスコじゅっじゅる

スコじゅるバチッ

スコじゅるスコじゅるバチッ

スコじゅじゅっスコじゅるバチバチッ

スコじゅッスコじゅじゅッスコバッチィン‥

 

「あッ逝くぅ‥逝くッ‥あぁああっ逝くぅ逝くッ逝ぐぅぅ‥イぐうっぅぅ

ぅ‥」

 

「おぉ」

じゅるっバチッ‥

「来」

じゅるっバチン‥

「いぃ」

じゅッじゅるッバチィィン‥

 

ちんぼの根っこを、玄さんの口へ、したたか打ちつけて、義孝が果てた。

玄さんの唇に、唾でびしょ濡れの陰毛が、貼りついている。

そうしてそのまま玄さんの口に押しつけて、ケツを痙攣させ、白い塊を幾

つも吐いた。次からつぎと、玄さんの喉へ飛ばして、ぶっつける。ぶつか

って割れて、潰れた生卵のように、喉にひっついた。

 

花ざかりの白い栗の木‥

 

ああ

栗の木の下へ入()った時みてえだ

湿った男のにおい

青くせえ精の匂いに噎せかえっちまう

愛しいヤツのにおいに抱かれて

おらぁ

おらぁしあわせだ

 

ああ

こいつとずうっと居てえ

ずうっとずっと一緒にいてえよぉ

 

‥玄さんは白い花の匂いにくるまれて陶然としている。そして、堅さを失

わない義孝のちんぼをほおばったまま、あめ玉をころがすように、左右の

ほっぺたが交互にくぼんだ。

そしてその閉じた目じりからは、すぅっと涙が糸を引いているのに、なぜ

だかうっすら笑みが浮かんでいるように見えた。

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

(抱念独白)

 

玄さんさぞかしうれしかったろうなあ‥

 

愛するヤツと死に別れ、そいつみたいな男とはもう絶対会えないと、ずう

っと思っていたけれど、まさかこんなことになろうとは、露ほども思って

いなかっただろう。

しかし、運命はこんなに嬉しいいたずらをしてくれた。まさかまさか、ま

た褌が愛した男のその息子との縁を取りもってくれるなんてさ。

 

好かったよね、玄さん。

ほんとによかったね。



                                                続 く 







トップ アイコン目次へもどる    「投稿小説一覧」へもどる
inserted by FC2 system