築地の親爺たち


                                         抱念 さん 


第十一話〜二人の本心


ふたりは口をついばみ、吸って舐め回し、口福の絶頂で遊んでいたけれど、

目のすぐ下にある勇の褌に目を止めた誠は、嵩を増した前袋を撫でさすり

始めた。勇のちんぽは褌の布を通してもその雁の張りがはっきり実感でき

る、堂々たる代物だ。中身を想っただけで誠はもう我慢ができなかった。

先刻来ずうっと勃ちっぱなしの己のちんぽがまとわりつき、引きも切らず

湧いてくるガマン汁が腕や手にひっつく。

 

「ンん〜ン‥ああぁおやかたぁ‥」

誠は前袋の脇からちんぽを引っぱり出したいけれど、うまくゆかない。そ

れを察した勇が口を吸い合うたまま、両の手をうしろへ回して横褌の絡げ

を解き、前みつから引きぬいた。

ゴロンと現れた勇のちんぽに、誠はまた驚かされる。

一匹の龍が現れたのだった。

 

龍の海綿体は漲っていたけれど、誠のようにビンビンでない。寝床に触れ

ない程度に勃ち上がっていた。

その龍に、待ちかねた誠が食らいつく。刺青の所為でちんぽが冷やっこい。

少し芯が入った蒟蒻棒を食ったようだった。

 

勇は何度か『祭』に来てくれていた。初めて来てくれた時、誠はひと目で

惚れてしまう。いつでも佐三と二人で連れだっていたので、誠も本心はず

うっと胸に収めたままでいた。

 

「おあがだのごどドゥうっどどぅぎだっだんだお‥」

くわえたちんぽの奥で喉をしぼった。

(おやかたのことずうっと好きだったんだよぉ‥)

 

ぶっとい魔羅を頬張れるだけほおばると、誠は唇をすぼめ高く張ったカリ

まで引き抜き、すぐまた折り返す。そして陰毛が触る付け根まで呑みこん

だ。

 

ジュルッ

ジュルッ

ジュルジュルッ

ジュリュジュリュッ

 

魔羅をなめらかにすべる唇、粘液の音が誠を酔わせた。

海綿体を包む表面の薄皮に浮かんだゴツゴツの血管‥

亀頭にできたいくつもの斑な染み‥

勇が重ねた年月に思いが至ると、もう居ても起ってもいられなくなる。

 

「ああぁ‥おやかたぁ‥好きだぁ好きっ‥好きだよぉ‥」

体中がたぎって熱くなる。

そのたぎっていななく魔羅を勇が掴んだ。

 

勇は誠に尺八を吹かせながら、誠の堅い肉棒を引っ張って自分の方へ体を

寄せる。そうしてその魔羅を扱きだした。

 

「ぁっアァァァ‥」

初めのひとこすりをくれると、溜まっていたガマン汁が絞りだされ、勇が

握った手の輪っかに少なからず汁だまりができた。

 

「マコよぉ、おまえの汁でベトベトだぜ‥」

ズズッ、輪っかの汁を勇が啜り、手についた汁を舐める。

 

「しょっぺぇなあ‥、だがおめえの汁ならオレは‥」

最後の方は小声になる。

佐三の手前、続かなかった。

 

誠にしゃぶられている勇のちんぽは次第にその容積を増し、誠の口に充満

しはじめた。

頬張るにはキツくなる。口から出してしげしげながめ見たが、握った指が

やっと廻った。

 

「あぁぶっといッ‥、苦しいわけだぁ‥」

誠がつぶやいた。

 

勇の魔羅は長さはそこそこだが、雁のエラが見事に反っくり返り、武将の

兜さながら、堅々と厚い筋肉をまとったガッシリ短躯の勇者に見える。勇

と命名された誉がここにもあった。

 

「おやかた‥ぼくのに入れておくれよ‥、ぼくのにぃ‥」

そう誠にせがまれた。

そんなことを頼まれるとは露ほども思っていなかった勇は、誠へ施すセン

ズリの手が止まってしまった。

 

「八十ジジイをからかうなよ‥」

 

「だって、おやかたのぶっといの見せられたら欲しくなっちまったんだ‥、

それとさ、今日が最初で最後かも知れないじゃないか‥」

 

「おまえぇ‥」

勇はことばが続かなかった。

 

確かにこんなことは今日限りにしなければ佐三に申しわけない。

しかし、そうかと言ってずうっと前に消したはずの誠への思いに、もう火

が点いてしまったのだ。瞬時その板挟みに迷ったものの、勇は決めた。

 

「おまえがそんな風に言ってくれるなら、おまえの思いを受け取らなくち

ゃ男が廃るってもんだ‥、佐ァ、そうだよな‥」

キッスの真っ最中の佐三には勇の声が届かなかった。

なんにしても言っておかなくちゃいけねえと思って、辺りを憚らない大き

な声で勇は言った。

 

「嘉輔さんよ、野暮なことしてすまねえな‥、佐ァ‥誠に頼まれごとされ

ちまってさぁ、何をしてもわしを許してくれるか‥」

その声に三人みんなびっくりしたが、一番驚いたのは佐三だった。

 

「‥にいさん、何言ってんだい‥、にいさんが言い出しっぺだよ、無礼講

だって‥、それに此処はにいさんの家じゃないか‥誰に遠慮が要るんだい

‥、悪いと思うけど、ぼくだって嘉輔さんとこうして‥」

 

「勇さん、あなたはほんとに律儀なお人じゃのぉ‥」

 

「おやかたぁ‥」

 

とんだ中入りだった。

勇は佐三やみんなが云うことを、至極まじめに聞いていた。

 

「マコっ、佐ァから許しをもらったぞ‥」

勇は嬉々として満面笑みがあふれる。

そしてその勇の胸のうちがみんなに伝わった。

 

勇はまた誠の口を吸いにゆく。口を吸ってまた自分のちんぽを堅くしたか

ったのだ。

すると思ったとおり、じきに元どおりになる。誠が一生懸命こすり上げた

のも一役買ったのだろうが、誠への熱い気持ちが勇を奮い起たせたのだっ

た。

二人は布団に寝ころがった。寝転がると相舐めの格好になってちんぽを吸

いはじめる。横向きの魔羅吸いはアラビア数字そのままの格好で、舐め愛

は斯くあるべし、見本のようななめっこに二人はわれを忘れた。

 

勇が誠の尻穴をこじくりだした。誠の淫水が混じった唾を指に吐きだし、

尻穴になすりつけて指をすべらせると、クイックイッなんなく入ってしま

う。面白いように呑み込まれた。淫水の粘りを穴襞にこすると、そのたび

誠が尻穴をキュッキュと締めつけて、感じていることを勇に伝えて来る。

それがまた勇には愛しくて仕方がなかった。

 

「「此処にちんぽを入れるのか」」‥そう思うと勇の魔羅が硬さを増し、

ちんぽの付け根が引きつるような感覚に襲われた。久しく味わったことが

ない股間の緊張、勇の若さが戻った瞬間だった。

 

「マコっ、寝ろ‥」

仰向けに寝かせて、脚を持ち上げ尻を向けさせると、勇み魔羅を穴にあて

がい膝を前に進めた。

 

誠のつばでたっぷり濡れた雁高ゴツ太魔羅がゆっくりだけれど確実に穴を

こじ開けようとしている。

 

「ニュルッ‥」

確かにそういう音がして亀頭が呑み込まれた。

 

「あっぁぁぁ‥」

ツルンと入ると、誠が年にも似合わぬ嬌声をあげた。

粟粒がびっしり貼りついた雁ウラが、その竿のおかげでちりぢりした花襞

を伸びきらせた尻穴から覗いていた。

そして逸るきもちを抑えつつも、行きつく先をおもい描くと、ゆっくりゆ

っくり進むのがもどかしくなる勇だった。

 

そんなにも太い魔羅を挿入されているのに、誠はちょっとも痛くない。そ

れどころかむしろ、尋常でない太魔羅がゆっくりと自分の直腸を押し広げ

て進んで来てくれるのがなんだかとても待ち遠しくてたまらなかった。

ずっと心に秘めて慕っていた愛しい親方。その男に今こうして愛されてい

ることが本当のことなのか信じられない。信じるにはあまりにやさしすぎ

る遅々とした歩み。いっそのことひと思いに突いてくれた方が、痛みを伴

う激しい愛撫の方が、愛されている実感を得られるんじゃないかと、そん

なことまで思えて来るのだった。



                                                続 く 







トップ アイコン目次へもどる    「投稿小説一覧」へもどる
inserted by FC2 system